不器用だってやればできる!

不器用女子の羊毛フェルト挑戦とレビューを中心とした雑記ブログ

初心者向け羊毛フェルトの違い・選び方 アクレーヌ、100均など5種類を比較!

スポンサーリンク


こんな人におすすめ

  • 羊毛フェルト初心者です
  • 不器用です
  • 羊毛の種類の違いは何?
  • どの羊毛が使いやすいの?
  • 不器用でも扱い易い羊毛はどれ?



羊毛フェルト(ニードルフェルト)初心者・不器用さんが使いやすい羊毛フェルトを比較・調査しました!



羊毛の種類っていろいろあるけど、結局どれが自分に合っているのか疑問だったんですよね。

分からないならば調べてみましょう!

という事で、今回調査したのは以下の5種類。

  1. アクレーヌ
  2. ウールキャンディ
  3. メリノウール
  4. フルフィール
  5. 100均(ダイソー、セリア)



あくまで不器用基準での「使いやすさ」ですが、初心者さんにも参考になると思いますよ⋆⸜(* ॑꒳ ॑* )⸝

不器用が使えるものは、基本的に誰でも使えるんでね!!( ´∀` )ハハハ







初心者や不器用向けの羊毛

繰り返しになりますが、今回比較した羊毛は以下の5種類です。

  1. アクレーヌ
  2. ウールキャンディ
  3. メリノウール
  4. フルフィール
  5. 100均(ダイソー、セリア)

※100均商品は下記に掲載



(100均羊毛は後述)



いずれも羊毛フェルトを始めれば聞いた事のある有名商品です。

それだけ利用者が多いということですね。



なお、今回はメルカリで揃えたユーズド品のため、一部商品は本来の梱包と異なります。

実際の梱包に関しては、通販サイトのリンクを貼っておくので、そちらを参照してください。


▼メルカリの活用法はコチラ▼
honey-try.hatenablog.com




比較方法

以下の2点に注目して比較します。

  • まとめやすさ

フェルトボールを作ります。

「こんなもんかな」
または
「もうこれ以上は無理」

となった時点で完成とし、そこまでの時間を測定します。


  • 完成度

仕上げたボールを拡大した写真を掲載します。
毛羽立ち具合などに注目してください。

※なるべく高画質を心がけますが、縮小時に多少ぼやける可能性はあります。ご了承ください。




均等な量の羊毛フェルトを取れる自信は無いので、大きさの違いについては目を瞑ってください( ̄▽ ̄;)



使用ニードル

100均のものではなく、専門店のクロバーのニードルを使っています。

羊毛フェルトのまとまりやすさが段違いなのでかなりおすすめです!


▼詳しくはコチラ
羊毛フェルト初心者さんとか不器用さんは道具に頼っていこうよって話 - 不器用だってやればできる!




さて、では実際の比較検証を始めましょう!



アクレーヌ

ハマナカ株式会社
3色セット
各8g

手触り:ふわふわ、ややザラつき、ごわごわ
制作時間:約7分


▼完成はコチラ

評価(18/20点)

  • まとまりやすさ:5点
  • 毛羽立ち:5点
  • 制作時間:5点
  • 完成後の見た目・手触り:3点


驚きのまとまりやすさ!!!


アクレーヌはアクリル素材をニードルフェルト用に加工して作られた、人工素材です。

それを羊毛フェルトと言っていいのかはさて置き、専用に開発されただけあってパーフェクトな使い心地です!



●●主な感想

  • 仕上がりに「人工物感」がある
  • 少量でもボリュームが出る
  • 刺す回数少なくまとまる
  • 毛羽立ちがほぼない


素材がそもそも人工素材のため、出来上がりもほかの羊毛フェルトと比べると、
「うーん、人工物ですね!!」
という手触りです。


作業のしやすさ、仕上がりの美しさはピカイチ!


今回、ボールを作るための量がよく分からず「少なかったかな?」と思う程度しか取らなかったのですが、刺してみたら一番大きかったです。(※総評参照)

それはつまり、少量のアクレーヌでもいろいろ作れる、という事!



アクレーヌには10色各2gというパッケージもあります。

「2gなんて少なすぎ!」と批判的でしたが、これだけのカバー力があるなら2gでも意外と使い勝手良さそうです。




●●アクレーヌまとめ●●

  • 羊毛を素早くまとまる
  • とにかく毛羽立ちが無い
  • ストレスフリー
  • やや人工感があるのは注意



ウールキャンディ

ハマナカ株式会社
12色セット:ベーシックセレクション
各10g

手触り:さらさら、ふわふわ
制作時間:約10分


▼完成はコチラ

評価(19/20点)

  • まとまりやすさ:5点
  • 毛羽立ち:4点
  • 制作時間:5点
  • 完成後の見た目・手触り:5点


●●主な感想

  • 羊毛フェルトの柔らかさがある
  • 刺す回数少なくまとまる
  • 毛羽立ちがほぼない


アクレーヌと比べれば毛羽立ちは多少あるものの、気になるほどではありません。
練習と後処理をきちんとやれば遜色ないでしょう。

まとめやすさを追求しつつ、羊毛フェルト特有の柔らかさがあります。

個人的には「手作り羊毛フェルト感」があって好きですね。


コールドカラーセットや3色セットなど、パッケージのバリエーションが多いのも魅力的です。



●●ウールキャンディまとめ●●

  • 羊毛を簡単にまとまる
  • 毛羽立ちはほぼ無い
  • 羊毛特有の柔らかさは維持できる
  • 安定して使いやすい




メリノウール

ユザワヤ商事株式会社
単色
50g

手触り:柔らかい、ふわふわ
制作時間:約10分


▼完成はコチラ

評価(7/20点)

  • まとまりやすさ:2点
  • 毛羽立ち:1点
  • 制作時間:2点
  • 完成後の見た目・手触り:2点


●●主な感想

  • 毛羽立ちすぎ
  • 丸めるのに時間かかりすぎ
  • 初心者と不器用は手を出すな
  • 心が折れる
  • これが使いこなせたら上級者


全然まとまらねぇ!!!


こいつは驚きだぜ……!!!

なんか知らんが全然まとまってくれない…



極細ニードル3本で刺してみても元気にはね続ける羊毛に、
「もう無理」
と心が折れました。

上級者なら簡単にまとめられるかもしれませんが、不器用と初心者にはオススメしません。

慣れてきた頃に安売りしてたら買ってみようかなレベルですね。



なお、今回私が購入したのはユザワヤから発売されているものですが、メーカーは関係ありません。

基本的にメリノウールは、初心者には無理です。



一応、商品リンクは貼っておきます。
Amazon
商品名に「メリノウール」とはっきり表示されていないものもありますので、商品ページでよく確認してください。
なお、メリノウールで「ファイン」や「トップ」と表記されているものは、より繊維がなめらかな上質品です。
フェルト化の難易度はさらに上がるので、不器用と初心者は手を出してはいけません。




●●メリノウールまとめ●●

  • まとめにくい
  • 上級者向け
  • 毛羽立ち処理が得意なら購入はアリ





フルフィール

藤久株式会社
単色
40g

手触り:かため、ややザラつき
制作時間:約7分


▼完成はコチラ

評価(18/20点)

  • まとまりやすさ:4点
  • 毛羽立ち:4点
  • 制作時間:5点
  • 完成後の見た目・手触り:5点


●●主な感想

  • まとまりやすい
  • ふんわり程度は毛羽立つ
  • ウールキャンディよりややかための仕上がり
  • ウェットフェルトにも適してる


まとめやすさはウールキャンディと同じくらいですね。
ただ、ウールキャンディと比べると、刺してる時に若干かたさを感じました。
この辺は好みが分かれそう。



石鹸水を利用して羊毛を固めるウェットフェルトの作成に向いている素材です。

ニードルフェルトとウェットフェルト、両方作るならフルフィールを買っておくと便利ですね!




●●フルフィールまとめ●●

  • まとめやすい
  • 若干のかたさはあるが毛羽立ちは少ない
  • ウェットフェルトにも向いてる





100均


【写真左】
ダイソー(株式会社大創産業)
4色:カントリーアソート
各5g

手触り:柔らかい、ややザラつき
制作時間:約10分

▼完成はコチラ

【写真右】
セリア(株式会社セリア)
(羊毛の製造自体はごしょう産業株式会社)
3色セット
各4g

手触り:ふわふわ、さらさら
制作時間:約10分


▼完成はコチラ



評価(13/20点)

  • まとまりやすさ:3点
  • 毛羽立ち:2点
  • 制作時間:4点
  • 完成後の見た目・手触り:4点


●●主な感想

  • 入門としては最適
  • 基礎作りに利用もアリ(わたわたの代用)
  • 毛羽立ちは諦める
  • 初心者はこれでニードル練習するとよい


羊毛フェルトやってみようかな~、という入門として最適です。
毛羽立ちはメリノウールレベルなので諦めましょう。



わたわたみたいな中詰素材としても使えます。
その場合はダイソーのセットをオススメします。
セリアは同じ値段でも容量少ないので微妙かな。


▼わたわたの代用についてはコチラも参考にしてください。
羊毛フェルトの理想の芯材を探している~わたわたの代用品は?100均グッズも活用!~【不器用の右往左往シリーズ4】 - 不器用だってやればできる!



その他、初めて作る形の練習や、ワンポイント装飾なんかにも利用できます。

コスパも良く手に入りやすいので、作品そのものを作るよりは、サブの補助羊毛としてストックしておくと意外と便利です。



●●100均まとめ●●

  • 手に入りやすい
  • わたわたの代用になる
  • 初心者の練習用
  • あると便利






総評

以上、有名どころの羊毛フェルトの検証でした!




最終ランキングは以下のとおりです。


👑オススメランキング👑

1位:ウールキャンディ
2位:フルフィール
3位:アクレーヌ



ウールキャンディのまとまりやすさと羊毛フェルトのやわらかさのバランスが最高ですね


今後はウールキャンディを中心に作品を作って行こうと思います(´ー`*)



気になった羊毛は試しに使ってみると新しい発見があって楽しいですよ


みなさんもお気に入りの羊毛が見つかりますように!